心理

白黒思考について考えてみた。

投稿日:2016年12月6日 更新日:

Nachrichten_muc / Pixabay

高見@ゆるスピ!です。
白黒を決めることの意味って何でしょうか。

人は絶えず変化し続けます。
気持ちはいつも変わります。
状況や人生も流れがあります。
変化することが自然や宇宙の法則といえます。

だから、100%「Yes」を求めるのも求められるのもやっぱり窮屈です。
といって、100%「No」を突きつけるのも突きつけられるのも体力が要りますね。

10%はYes、そんでもって10%はNo、あとの80%は「どうでもいい」。
今の自分にとっては、それぐらいがちょうど気持ちいいような気がしています。

白黒思考に陥りやすい原因のひとつは、相手や状況をコントロールしたいという欲求が強く出るから。
その欲求はどこから来ているのかというと、やっぱり不安や怖れからだと思います。
ジャッジメントすることは、結局自分自身に自信がない現れだったりします。
大昔、完璧主義で白黒思考バリバリの自分がそう言うのだから、間違いないです(苦笑)。

白と黒の中間のグレーの中に、あなたの可能性や幸せがたくさんつまっています。
「どっちでもいい」という、ゆるゆるな感覚もアソビがあっていいと思います。
二極に振れながら、統合していくのが魂の道です。どうぞ楽しんで!

-心理
-,

Copyright© ゆるスピ! , 2017 AllRights Reserved.