非常識スピリチュアル

エネルギー・バンパイアは誰でもなり得る?

投稿日:2016年12月17日 更新日:

高見@ゆるスピです。
エネルギー・バンパイアという言葉はご存知ですか?

ColdSmiling / Pixabay

エネルギー・バンパイアとは?

文字通り、エネルギーの吸血鬼。他人のエネルギーを頂いちゃうことなんです。
自分のエネルギーコードを相手にプスッと刺したり、源氏物語に出てくる六条御息所(ろくじょうのめやすどころ)ばりに、意識を飛ばしたりすることもあります。

だいたい無意識でやっていることなので、コードを刺したり、意識を飛ばしたりしている本人は自覚がないままやっていることが多いです。

エネルギーが一方的だと何が起こる?

先ほどある人とくっちゃべっていて「あ、私もバンパイアやってたかも?」と思いました。
私たちは肉体は別々ですが、意識では繋がっているため、何かを強烈に思ったりした時、相手に影響を与えないはずはないのです。

「エネルギー・バンパイアにならないようにしましょう」とブログに書いてある記事をよく見かけますが、知らず知らずのうちにやっていることはあるんじゃないかな、と思います。

エネルギーは、基本的に循環することが良いとされています。
エネルギーを一方的に与える、もしくは奪うことはバランスが悪いのです。
不自然な状態は、無理があるので、気づかないままいると、いずれ相手との関係性はいずれ崩壊します。

エネルギーや能力の高さと人格は比例しないことも

私はある人のエネルギーが気持ち良くて、一緒にいたいなって思ったことがあります。
エネルギーで惚れてしまうというのは、本当にタチが悪いのだけど、仕方がないことなのです。

そばにいたいが為に、相手に合わせて、自分を殺すこともやってました。
結局うまくいかなくなって、離れることになりましたが、エネルギーが循環していないので苦しくなるばかり。

おまけに、エネルギーが好き=その人が好きって思い込んでいたから、余計タチが悪い。

この苦しみがどこから来るのか、自分の意識や考えは本当に自分のものなのか分かりにくくなり、時々入ってくる「他人の意識」に振り回されました。
他人の意識が入り込むことを許している自分自身にも弱さがあったわけですが……かなりグルグル悩み苦しんでしまい、周りの方たちに助けてもらいました。

エネルギー・バンパイアにならないために

きっと私自身も相手のエネルギーを借りていただろうし「お互いさま」なところはあったと思います。
そもそも「努力しないと一緒にいられない関係性は本物じゃないのだ」と気づかされたのは、割と最近の話です(^^;;

ということで、いまはなるべくエネルギーの貸し借りのない(笑)、お気楽な人間関係を楽しむようにしています。

適度なバウンダリー(境界線)は、結局相手と自分自身の双方を守ることになります。
人間関係がうまくいかないな、と感じている方は、ご自身のバウンダリーがどれぐらいあるのか、現状確認することをオススメします。

あなたはエネルギーの貸し借りしていませんか?
気づかないまま、やっている可能性もあるのでご注意下さいね。
自戒を込めて(^^;;

-非常識スピリチュアル
-

Copyright© ゆるスピ! , 2017 AllRights Reserved.